「簡単すぎるイラスト教室」開催しました!

9月15日、大門コミュニティーセンターで「簡単すぎるイラスト教室」と題して、イラストの描き方の講師をさせていただきました。

イラスト教室.jpg


こちらで毎週開催されている「きららか射水100歳体操」の後に行われる、「支え合いネットワーク事業」の一環として開催された教室です。

主な対象は年配の方々なので、できるだけ簡単に、楽しく絵を描くことを目標にしました。

この教室を開催したきっかけは、知り合いの方から、ある相談を受けたからです。

その方は、お孫さんができたため、いろんなことをしてあげたいという思いが募ったのだそう。

中でも「絵を描いて」と、お孫さんにせがまれた時に絵を描いてあげたいけど、絵を描くのが苦手で、動物の絵などは描けないとおっしゃったのです。

そこで、誰でも簡単に描けるコツ・・・というか、ヒントを話したのですが、たった一言、二言の助言でも大喜び。

「絵が苦手」という思い込みから「描く」ということを諦めている方々がおられるのなら、一緒に楽しんでイラスト描いてみようじゃないか!と思って企画したのが、今回の「簡単すぎるイラスト教室」でした。

「簡単すぎる」と題したからには、絵を描くことが得意な方には「ダラくさい」(富山弁でバカらしいの意味)教室だということを断った上でのレクチャー。

でも、今回は本当に単純な線から描くイラストを楽しんでくださる方々ばかりで、和やかな雰囲気の中、皆さん、嬉しそうにスケッチブックにペンを走らせておられました。

今回は、まずは動物を描いてみること、そして、いろんな表情を作ってみることに挑戦しました。

まあ、「挑戦」というほど、ハードルの高い物ではなく、描いてみたのは〇と△と□の組み合わせ、あとは点々、波線、直線だけ使うのですから
あっという間に描けるものばかり。

人の顔なんて、2つの点々で目を描けば、眉毛は直線、端を上げ下げするだけで怒ったり困ったり、口も直線を曲げれば笑顔、逆に曲げれば怒った顔・・・という風に、ホワイトボードに描いたものを、手元のスケッチブックに描きこむだけで、ちゃんと人の感情が表現できることに気付いた皆さん。

描くたびに「おお~!」と声が上がったり、笑い声が上がったりするのが微笑ましく感じられました。

いろいろ描いていくうちに、どうせなら年賀状に使えるように干支を描いてみようということになり、順番に、ネズミ、牛、トラ、ウサギ・・・まで描いたところで、一旦終了。

あっという間に描けたイラストを見ながら、あれこれお話しておられるのも楽しそう。

使ったスケッチブックとペンは持ち帰れるので、お家へ帰ってから思い出して描いてみることもできそうですね。

写真は参加された方々の作品の一部です。

20200915_114822.jpg

シンプル過ぎるイラストですが、ちゃんと何の動物か分かりますよね♪

おじいちゃん、おばあちゃんたちが笑顔で描いてくれた、かわいいイラスト。

ほっこり、癒されます。

これまで小学生向けのイラスト教室を開催したことはありましたが、ご高齢の方と一緒にイラストを描いてみるのも、とっても楽しく、良い経験をさせていただきました。





追記

今回は、このご時世、感染予防対策ということで初めてマウスシールドを装着して、お話させていただきました。

20200922_134358.jpg

これまでは飲食店で調理しておられる方が付けているのをたまに見かける程度だったマウスシールド。

コロナのことがあってから、テレビでもたびたび見かけるようになりました。

マスクを付けるとモゴモゴ聞き取りにくい声しか出せないので、多人数の前でお話しする際には、なかなか良い物だと実感しました。